美容と健康にオメガ3

テレビやネットで話題の「オメガ3脂肪酸」。なぜ「オメガ3脂肪酸」は美容や健康にいいといわれているのでしょうか?効果的な摂取方法は?当サイトで詳しく紹介したいと思います。

美容と健康にいい「オメガ3」のすごい効果とは?

オメガ3という言葉を、耳にした事がある方も、多いのではないでしょうか。
テレビや雑誌で話題となっているオメガ3は、α-リノレン酸とも言われており、体の中で作る事ができない必須脂肪酸の1つです。
体の中で生成できない為、食事で補う必要があります。

亜麻仁油はエゴマ油、イワシやサバといった青魚に多く含まれている栄養素で、最近美容や健康に良いとして、注目を集めています。

オメガ3の美容効果として、まず挙げられるのが美肌効果です。
この栄養素には抗炎症作用があり、肌トラブルを未然に防いだり、症状を緩和する効果が期待できます。
例えばニキビや肌荒れ、肌の赤みといった症状は、皮膚に炎症が起こっている状態です。
炎症を早く鎮める事が症状の悪化を防ぎ、なおかつ炎症による色素沈着も予防します。

また、オメガ3はアンチエイジングにもお勧めの栄養素です。
肌の新陳代謝が衰えると、肌にハリや弾力を与えるコラーゲンの生成量が低下してしまいます。
オメガ3には肌代謝を促進する作用がある為、シワやたるみの予防に有効です。

この他にも女性ホルモンのバランスを整える作用や、ダイエット効果も期待できる栄養素です。

健康面では生活習慣病を、予防する効果があると言われています。
生活習慣病が進行してしまうと、心筋梗塞や脳梗塞といった命を失う危険もある、大きな病気の発症リスクがアップします。
オメガ3には動脈硬化や高血圧といった、生活習慣病の原因となるコレステロール値や血圧を、下げる働きがあります。
血流の流れも改善してくれる為、血管の健康維持にも有効です。

このようにオメガ3は美容と健康、両方の作用を持ち備えている栄養素なので、男性・女性問わず意識して補いたいものです。

美容に効果的な「オメガ3」の摂取方法は?

オメガ3は体内で作ることのできない必須脂肪酸の一つです。皮膚や粘膜の機能を強化させます。オメガ3は体内に取り込まれると、DHAとEPAという成分に変化して美容効果を発揮します。抗炎症作用があるので、ニキビや肌荒れ、赤みといった肌トラブルが解決します。また肌のターンオーバーを促進する作用があるので、古い角質が削ぎ落とされて新しい肌に生まれ変わります。ターンオーバーでは、美容に欠かせない保湿成分のセラミドも生成されて、肌に潤いを持たせます。さらにオメガ3は女性ホルモンを整える効果もあります。女性ホルモンが整うと自律神経も整い、コラーゲンやヒアルロン酸が活発に作られることで、細胞が老化するのを防ぎます。これらの美容効果を得るためには、2つの摂取方法があります。一つは食べ物です。オメガ3は亜麻仁油やインカインチオイル、青魚に多く含まれています。特に亜麻仁油などのオイルは、ドレッシングとして使えるので気軽に摂取できます。1日スプーン1杯分が目安です。オメガ3は加熱をしない状態の方が、高い効果を実感できます。オイル類でも、インカインチオイル以外は、加熱したものと組み合わせると効果が半減するので注意します。しかし現在は食事が欧米化しており普段の食生活だけでは、十分な量のオメガ3を摂取できない可能性があります。そこでサプリメントで足りない部分は補うと良いです。サプリメントは様々な商品が販売されていますが、製造方法やオメガ3の含有量が多いものを選ぶと良いです。オメガ3はオメガ6とのバランスを考慮する必要があります。善玉コレステロールまで減らしてしまうオメガ6を摂取しすぎると、効果が出にくいためです。オメガ6はサラダ油やマヨネーズに多く含まれています。

「オメガ3」は加熱すると美容効果がなくなってしまう

今、亜麻仁油やエゴマ油といった植物油が、注目を集めています。
これらの植物油には女性に嬉しい、美容効果があると言われています。

亜麻仁油やエゴマ油は、オメガ3という脂肪酸を多く含んでいるのが特徴です。
オメガ3は体の中で作る事のできない、必須脂肪酸です。
亜麻仁油・エゴマ油の他にも、イワシやアジといった青魚にもオメガ3は多く含まれます。

オメガ3は体の中に入ると、DHAとEPAという2つの成分へと変化します。
DHA・EPAは細胞に働きかける作用があり、それによって様々な美容効果を発揮すると考えられています。

オメガ3の美容効果の1つとして挙げられるのが、肌荒れの回復です。
オメガ3には抗炎症作用があります。
肌荒れは皮膚が炎症を起こしている状態ですので、オメガ3を補う事で肌荒れを改善する効果、そして肌荒れを未然に防ぐ効果も期待できます。
いつも、皮膚に赤みが出たり、炎症を起こしやすいという方に、オメガ3を含んだ植物油などはお勧めです。

この他には女性ホルモンのバランスを、整える効果もオメガ3には期待できます。
女性ホルモンが減少すると、肌にハリや弾力が無くなり、肌老化が進んでしまいますが、オメガ3を意識して補う事により、肌にハリや弾力をもたらすコラーゲンの生成をアップし、若々しい肌をキープできると考えられているのです。

この他に肌のターンオーバーを促進する作用、ダイエット作用もオメガ3で期待できる美容効果です。

ただ亜麻仁油やエゴマ油に含まれるオメガ3は、加熱してしまうと、美肌効果は失われてしまいます。
ですので料理をする際、加熱するのではなく、フレッシュな状態で使うのがお勧めです。
酸化もしやすい性質があるので、開封したら2ヵ月程で使い切りましょう。
■まつげを育てる!
ケアプロストの育毛効果
■リピーター続出
ルミガンは美容外科か通販で購入可能です